メタボ撃退のための食事〜中級編A

メタボリックシンドローム解消または予防のためにできることは運動と食事の改善です。ここでは食事の注意点を紹介します。

 

@肉のおかずの量を注意しましょう。
魚と肉、どちらがカロリーが高いかといったらもちろん肉のほうです。

 

脂質が多く、血液をどろどろにしてしまう原因です。
でも全く食べないというのは今までの食生活でも無理かもしれないので、1日1食にしましょう。

 

肉というととんかつやしょうが焼きなど肉そのものだけ注意しがちですが、ハムやベーコン、ソーセージなども肉なので注意が必要です。

 

食事メモを見ながら注意しましょう。A揚げ物は控えめにしましょう。
カロリーを控えめにしてメタボリックシンドロームを予防・改善するためには揚げ物はなるべく減らすにこしたことはありません。

 

とりあえず週に2〜3回ぐらいにしておきます。
揚げ方も注意が必要で、小麦粉、卵、パン粉というとんかつなどのような王道のフライが最も高カロリーです。

 

一番低カロリーなのは何も衣をつけないで揚げる素揚げです。

 

また、揚げる具材も重要です。魚でもカキフライやアジのフライなどは高カロリーです。
野菜でも揚げ物にすると油の吸収率が高いため、過剰の油を摂取してしまうことになります。

 

また衣が厚いほうがもちろんだめなので、自分で作る場合は薄めに、買ってきたものを食べるときは衣を少し落としてから食べるといいでしょう。