メタボ撃退のための食事〜上級編@

メタボリックシンドローム解消または予防のためにできることは運動と食事の改善です。
ここでは食事の注意点を紹介します。

 

初級・中級とうまく食事管理ができるようになってきたら次はいよいよ上級編です。

 

@食事の献立も考えるようにしましょう。だいぶ食欲もコントロールできるようになってきたはずです。
食事メモを主菜、副菜、主食、汁物、飲み物とします。主食は炭水化物のご飯、パン、麺などです。

 

主菜はたんぱく質を中心とした肉、魚、卵、大豆などの料理です。
副菜はビタミン、ミネラル、食物繊維などの野菜、海草などです。

 

和食中心の一汁二菜が理想です。
農林水産省が推進している「食事バランスガイド」などを参考にバランスよく献立を考えましょう。

 

メタボリックシンドローム撃退のために食事に気を使えば健康状態もよくなります。
A野菜を多くとりましょう。食事バランスで重要なのが野菜です。

 

食事摂取基準として野菜350gの野菜を食べましょうとされています。
このうち緑黄色野菜が120g、その他の野菜が230gです。といっても野菜は生のままだとかさは膨らみますが、食べられません。

 

まして毎日となると大変なのでスープを大量に作ってストックするとか野菜ジュースで野菜を摂りましょう。
味噌汁などにも野菜を上手に使うと目標の350gをクリアできそうです。メタボリックシンドローム解消のためにも野菜を中心とした献立を考えましょう。