メタボ撃退のための食事〜初級編A

メタボリックシンドローム解消または予防のためにできることは運動と食事の改善です。
ここでは食事の注意点を紹介します。

 

@夕食の時間帯とメニューを考えましょう。
初級編の「朝食を食べる」ということにつながりますが、遅い時間にカロリーの高いものを食べていてはメタボリックシンドローム解消どころかさらに内臓脂肪が増加してしまいます。

 

よく言われることは「寝る3時間前には夕食を食べ終わる」ことです。
夜は消化器官を含めて体を休息させたいのでどうしても夜遅く夕食をとらなくてはいけないときはメニューを消化がいいもので低カロリーになるものを選びます。

 

9時を過ぎたらご飯を茶碗半分にするとか、10時過ぎたらサラダとご飯にします。

 

A食事の時間帯と同様に大切なのが食事にかける時間です。
どうしても早食いだと大食いになってしまってメタボリックシンドロームになりがちです。

 

満腹中枢が「お腹がいっぱい」と感じるまでに食べ始めてから20分はかかります。
ですから20分以内に食べ終わっていると必要量を食べていても満腹感を感じないので食べ過ぎてしまいます。

 

時間をかけるということはよく噛んで食べるということで唾液をたくさん出すことになります。
唾液は胃酸を適度に分泌して消化をよくしてくれる働きがあるのでエネルギーを全身に運んでくれます。