メタボ撃退のための食事〜初級編B

メタボリックシンドローム解消または予防のためにできることは運動と食事の改善です。
ここでは食事の注意点を紹介します。

 

@食事のリズムを整えましょう。
これは朝・昼・晩と3食きちんと食べるということです。できれば同じ時間帯にします。

 

夜は仕事などでなかなか同じ時間帯には食べられないという人は食べる量を調節して、朝と昼はなるべく同じ時間に起きて食べるようにします。

 

食事の間隔があきすぎると脳にエネルギーがいかなくなってしまい仕事の効率も下がってしまいます。
また間隔が短すぎると余分なエネルギーが消費されないまま次の食事になるので余ったエネルギーが脂肪になります。

 

A飲み物を見直しましょう。
これからの暑い季節はのどが渇いたら清涼飲料水、寒い冬はミルクと砂糖たっぷりの缶コーヒーではカロリーがちょっと多いです。

 

コーラはMサイズで127kcalあるし果汁入りの清涼飲料水はスティックシュガー17本分の糖分が含まれています。

 

缶コーヒーは1缶50kcalもあります。ついつい習慣で毎日何回か自動販売機で購入してしまう人は回数を減らしたり、水やお茶などに変える努力をしましょう。

 

メタボリックシンドローム予防および生活習慣病予防はちょっとした日常の注意が大きく左右します。

 

無意識でしていることはできるだけ注意してメタボリックシンドロームを予防しましょう。